目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日間講習ってどう?
今日も暑い1日でしたね。いま、このブログを書きながら、ちょっと一服しに表に出てみると、僕がいる伊豆は満天星空です。
今回は一昨日の「串本行って来ました~!」の続きです。

10時間の移動の後、旨いもんを食って、美味しいお酒を飲んで、翌日から2日間の日程で講習が始まりました。今回の講習生たちは、昔からの知り合いの「モトヤ君」の楽しい仲間たちです。
串本講習生たち


ところで、「現地型」のCカード講習は、僕のいる伊豆の辺りでは通常3日間かけています。でもグアムとかサイパンでは2日間というのは当たり前です。
そして、この串本でも2日間です。

実はこの2日間講習というのは、業界ではいつも色々と問題が出ます。
講習の基準を守って2日間でできるのか!?そんな短い日程でやるから、潜れないダイバーが増えてしまうんだ!みたいな・・・悪評が出ます。

かたや、海外旅行商品を組む旅行会社からは、講習は短い日程でないと旅行自体が売れないから、2日間で講習をやってくれと言われます。

講習を受ける人達も長いより短い日程のほうが、値段も安くなるので好評です。

・・・・何が違って何が問題なのか・・・ちょっと検証です。

Cカード講習は、皆さん、ご存知のように「学科講習」、「CW講習(confined water=限定水域=プールもしくはプールと同等の穏やかな浅い海)=プール実習」そして、「OW講習(OPENWATER)=海洋実習」の3つのパートで成り立っています。

「学科講習」の部分は、最近ではDVD教材を事前に送って講習が始まる前に自宅で学習しておいてもらい、現地に来てからはクイズをやりながら補習していくというパターンが一般的になっています。(海外では教材を送る事が難しいため、現地に来てからビデオを見てもらいながら学科講習全てをやることもあります。)

では、「プール実習」と「海洋実習」を2日間でやるか、または3日間かけるかということになります。
(続く)
でも、いつものように「ポチッ」っと  お願いします。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/82-7528fae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。