目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
器材って何から揃えたらいいの? Vol.8
フィンキックは、フィンを蹴った時にフィンのブレード(平たい面)にある海水をフィンのしなりで後方に押しやる事で推進力に変えるのですが、初心者が硬いフィンを使うと、まず、そのフィンのしなりを作ることができません。
その結果、フィンを楽に動かそうとして、「自転車こぎ」や「横滑りキック」になってしまい、効率的なフィンキックが出来なくなってしまいます。

ところで、Cカード講習前に三点(軽器材)セットやスーツ、重器材などを揃えるのは、ちゃんとしたアドバイザーがいれば悪くはないんですが、自分がダイビングを継続して続けていくか? また、選んだ器材が自分に合っているか?というのが分からないまま、購入してしまうのは、かなり早計な気がします。

そうそう、大事な「ハンコ」を押すなんて、もってのほかです
いろんなお店のやり方はありますが、講習を修了してその生徒さんがダイビングを継続してやる気があるという事を確認して、その人の技量をみてからでも、器材を揃えるのはいいんじゃないかと僕は思ってます。

やる気のある生徒さんで、Cカード講習前に三点セットを揃えてくる人がたまにいます。マスクとかスノーケルはいいんですが、フィンを硬~いプラスチックのフィン(色合いやデザインはいいんですけど・・)を持ってくることがあるんです。

または、講習修了して、次回初めてのファンダイブに来るときに、「いやぁ~~、買っちゃいました!」なんて嬉しそうに見せてくれるのはいいんですけど、この硬いフィンがメッシュバッグの中に入っている!

量販店などでは「軽器材セット」と言って、かなりのお安い値段でこのプラスチック製の硬いフィンを入れて売っている事があります。

僕はそれを「トホホ&よりによって」という思いで見てしまいます。
その人が納得して買っているわけですから、「あーだこーだ」は言わないようにしています。

でも、その人がそのフィンでダイビングを続けようとしていても、残念ながらフィンキックがちゃんと出来ないわけですから、上手くなるのがとても遅くなります。

で、うちにあるレンタルフィンの中で、その人が「蹴れる」フィンを試しに履いてもらったりして、フィンにも違いがあるという事を分かってもらいます。

結局その人は改めて自分に合ったフィンを買い替えるという事になります。

じゃぁ、初心者の人にはどんなフィンが合うんでしょう!?

続きはまた、励ましのポチポチッを  お願いします。
「タイトル」を内容に合うように変えました。180日は皆さんにとっても180日、このブログにとっても180日のつもりです。3月3日に始まってから、およそ80日ですから、あと100日!頑張ります!








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/69-33a481c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。