目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガイドロープ考 Vol.2
「ゴロダイ」というポイントは、今から13~4年くらい前に、ポイント調査とスタッフトレーニングを兼ねて潜って、たまたま偶然見つけたポイントです。
最初の印象は、「えっ~、伊豆にもパラオがあった」でした。(笑)

とびえい

砂地に点在するソフトコーラルが密生する岩を楽しみながら進んで行くと、忽然と四角錐に近い形をした大きな大きな根(ステージ)が現れ、その周りをトビエイが数十枚ホバーリングしており、さらに根に近づくと数匹のドチザメが泳ぎ回っていて、ダイバーなんか見たこと無いからでしょう、やつらからこっちに向かって突進してきました。思わずビビッちゃいました。

途中ウミガメは出るし、ネコザメはいるわ!で、今でもその時のコーフンは忘れられません。

それからというもの、ボートといえば「ゴロダイ」に通い続けました。
ある時はステージに到着して、いつものようにトビエイを見ていると、根の上(-22m)から下の砂地(-26m)を見ると、白い砂地のはずなのに、一面真っ黒です。よ~く見てみると、なんと一面にドチザメが寝ているのです。

それだけではありません。自分が立っている足元の根の上の岩の隙間にもドチザメドチザメドチザメです。
「アチャ~~~~~~~」ってな感じです。

そんなわけで、初期の頃の,うちの店でのこのポイントの呼び名は「富戸パラオ」でした(笑)

ただし、今のようにブイは打ってませんでしたから、アンカーを打つ位置は、僕自身が「山立て」(岸に見える目標物2点の交差する角度で位置決めをする方法)をして、毎回船長にお願いしてアンカーを落としてもらっていました。

しかし、それもいつも決まった位置には落とすことは難しく、最初の頃は多少ずれたりしていました。そうすると、目標物の少ないポイントですので、「ステージ」を探すのに泳ぎまくります。なので、初期の頃のお客さんからは、「え~~~!またゴロダイで泳ぐんでしょ!?」なんて嫌がられてましたが、それでも行けば、ほぼ確実にトビエイの群れが見れてサメ類にも逢えるという事で、皆さんボートでよく潜りました。
そんな訳で、その頃は残圧50になってやっと「ステージ」に到着するということもしばしばでした。

お客さんに「協力」してもらいながら潜り込んでいくうちに、ゴロダイの地形も頭に入り、よりいい場所にアンカーを落とす事ができるようになりました。またゴロダイは富戸と川奈のちょうど境にあるため(富戸の船が川奈に入ってダイビングをしてはいけません。その逆も当然ダメです。)、揉め事が起きないようにきちっとエリアを守りながら、潮の流れを考えてより安全に潜る為のスキルもついてきました。

(まだ続く)
今日も元気にぜひポチポチッと  お願いします。ありがとうございます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コンパス・・・
四角いんだね。
2006/05/17(水) 00:25:15 | URL | うち #-[ 編集]
当時あのポイントに行くと、なぜか地磁気が狂ってしまうようで、コンパスが効かなくなるんですよ。

いまでは、体内にコンパス埋め込んだので地磁気の狂いにもばっちし修正が効きます(苦笑!)
2006/05/12(金) 09:55:05 | URL | JIJI #-[ 編集]
何度か連れて行っていただいているゴロダイは、そんなポイントだったんですか~。
砂地が一面、ドチザメで真っ黒なんて、背筋がゾクゾクしますね。
ドチザメさんもトビエイさんも最近は激減?
ブイやガイドロープで、ダイバーが増えたから?

それにしても、残圧50になってやっとステージに到着、というのは想像しただけでも怖い。。。
2006/05/12(金) 00:56:19 | URL | tina #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/57-97220d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。