目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
器材の洗い方 Vol.4
伊豆の群発地震は4/21の震度4を最高にその後は低調な状況で、4/24以降はほとんど感じる事がなくなりました。GW前に終息に向かいホッと胸を撫で下ろしています。

ところで、器材洗いの話の続きですが、器材にとって最高の条件が揃わないときは・・・皆さんは、どうしてますか?

例えば、南の島へ数日間行った時・・・
グアム・サイパン・パラオ編
毎朝ホテルに迎えに来てもらい、ショップに集合してから、ボート又はビーチでのダイビングですね。終わってサービスに戻ってきて器材を洗って、ショップで預かってもらいホテルに送ってもらいます。

グアム・サイパン辺りはショップの水事情があまり良くない(塩っぽい!)ので、ショップでざっくり洗って(もちろんポイントは押さえて洗います。)、最終日にホテルのバスタブを利用して洗いベランダに干して乾かす。ベランダやホテルで洗う時間が無ければ、ショップで洗った状態で水切りして、日本に持ち帰ってからきちんと洗う。って感じでしょうか!? それでも、帰国したら直ちに水洗いをしないとすぐに塩カミが始まりますので、気をつけてくださいね。

バッグからお土産を出すより早く真水につけましょう

クルーズ編
設備がきちんとしている船ならカメラ・ライト・レギュレーターくらいを浸けられる水槽があったりしますが、船では節水が基本です。
なので、僕は2~3日のオンボート状態なら・・・・BC・レギュ・三点などはほとんど洗いません。ちゃんと洗うのは、カメラくらいですね。

器材をそうして洗わないまま船上生活をしていると、スーツから変な臭いがしてくるのが困ります。なので、場合によってですが、自分がシャワーを浴びながらその下に自分の器材(スーツなど)を置いて、少しでも真水がかかるようにすることもあります。

この場合は、帰国後はより早くより丁寧により時間をかけて洗ってくださいね。

伊豆・沖縄(自分の場合)編
TINAさんのご指摘:「彼女はメッシュバッグごとザブンと洗い桶の中に放り込んで、何回か振り洗いをしただけで引き上げてました。結構いますよね~、こういう人。おまけに、メッシュから器材を出すこともなく、そのまんま棚に置いて、干してるつもりらしい。」

これに近いの結構あります 今とても反省しています。僕らはこれをお客さんの前で結構やってます。そうすると、経験本数の多い人も少ない人も、「あっ、こりゃラクでいいや」って真似する人が出てきます。もちろん最終日はきちんと洗ってますけどね。
これでは器材はちゃんと洗えてませんから、とても「器材は大事に使えば一生もの」にはなりません。

そうそう、皆さん、マスク、スノーケル、レギュレーターのマウスピースの内側に付く「黒いカビ」ご存知ですよね。

あれは、唾液成分がきちんと洗われてなくて、そこにカビが繁殖することで黒くなってくるそうです。そういえば、マスクの曇り止めの時に「つばペッペ」で曇り止めをしてエントリーして、スノーケルでヨダレを垂らしながら水面を泳ぎ、エギジットしてレギュを口から外したときにまたまたヨダレ一杯じゃないですかぁ~~

それで、メッシュバッグごとザブンじゃいけませんね

反省反省皆さんも器材の長持ちだけの面じゃなく衛生面からも、きちんと洗いましょうね。

うちもレンタルレギュレーターの時は、マウスピースは新品でお買い上げしてもらおうかなっとちょっとマジメに考え始めました。

マスクの黒カビ防止にこれが一役立ちます。

明日からGWです。みなさん、事故の無いように気をつけて楽しんできてくださいね。で、その前に今日もポチポチッと   ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
黒かび対策
 黒かび対策として、私はマスク・スカートを黒に替えました・・・v-8
2006/05/01(月) 12:24:37 | URL | みのる #JalddpaA[ 編集]
僕の師匠は、「一日に2回も違う種類の液体(海水と真水)に浸けるのは、器材にとって良くない!!」と言って、真水洗いをしたことはありませんでした。(笑)

2006/04/30(日) 09:01:56 | URL | JIJI #-[ 編集]
いつも全て洗えば良いのは判りますが・・・
 潜った後、全てきれいに洗うのが器材のためにはベスト、まったく何もしないのがワーストとすると、メッシュのまま真水につけてジャブジャブするのは、その中間だと思ってます。BCのエアバッグの中などは洗えませんが、表面の塩分は薄くすることが出来ます。ツアー中などで場所も狭くて時間も無いときは次善の策として「有り」だと思ってやってました。
 黒カビ対策としては、マスクとマウスピースだけは特に別に洗っておけば良いのでは?
 長くても1週間程度のツアーであれば、帰ってから時間をかけて、十分に塩抜き・乾燥しておけば、そんなに器材に悪いとも言えないと思っています。
 私のBCはたしか500本くらいで外の布が破れてしまいましたが、レギはダイコンを収めていたプラスチックのコンソールが割れただけで、本体は1-2年毎にOHして、約15年750本位使っています。
2006/04/29(土) 23:04:50 | URL | みのる  #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/52-2ac7c004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。