目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中性浮力攻略法!No.9:完結編
とうとう、完結編です。
ここまでで止まった状態で中性浮力が取れてきたあなたは、もう大丈夫でも、泳いでるときはどうかな
泳ぎながらでも自分が中性浮力が取れているかを確認してみましょうね
まずは基本の姿勢です。読者の方に協力してもらいました。
姿勢1


姿勢2


この2枚の写真(といっても同じ写真を角度を変えただけなんですけどね)、見比べてどうでしょう?

下の写真の方が楽そうですよね。

上の写真は初心者の人に良くありがちな「タツノオトシゴ泳法」です。
中性浮力が取れていない(沈み気味な)ので、前にも進みたいし上にも上がりたい時に自然と「力のベクトル」(昔、習ったね~!学校で)でこうなります。

中性浮力が取れていれば、必要なのは推進力だけなので、こういう下の写真のように水平(流線型)の姿勢になります。

そうすると、格段に受ける水の抵抗が違います。で、疲れることなくスイスイと泳げます。

水中で泳ぎながら中性浮力が取れているかどうかの確認は簡単です。

泳いでいる時に、フィンをかくのを止めてみて下さい。

フィンをかくのをやめても、
そのまま惰力で同じ水深をキープしながら進みやがてフィン先が下に落ちて停止→中性浮力
すぐさま、そのまま体が沈んでいく→中性浮力=マイナス浮力状態なので、少し吸気しましょうね
すぐさまフィンの方から上に引っ張られてしまう→中性浮力=プラス浮力状態なので、体を一旦立ててからBCまたはドライの空気を抜きましょう

さぁ~いかがですか?みなさんの浮力の状態は

いずれにせよ、浮力調整のスキルは数稽古です。ここまでで憶えてきたことをしっかりとイメージに植えつけて、あとは海に行きましょう!!潜らないことには上手くなりません。

もう少し伝えたいこともありますが、また機会をみて改めて書いていきます。

思わず長編になってしまってスミマセンでした。

これに懲りずにまたお付き合いしたいなぁ~って思った方は、もう条件反射のようになったこれ、「ポチッ!」  「ポチッ!!」をお願いします。この2クリックは僕のお宝です。ぜひぜひお願いします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
HIDEさ~~ん、次はいつ??(笑)
2006/04/16(日) 02:07:34 | URL | JIJI #-[ 編集]
中性浮力って難しい!
いつもお世話になっています。
中性浮力って難しいですね。
私の理想は、エントリーからエキジットまで、BCに吸気することなく、逆立ちでファンダイブすることです。
2006/04/15(土) 00:37:13 | URL | Hide #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/44-ee0620a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。