目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガイドの心情・・・気合が入り過ぎると!?
(注意)今日は先に本日の富戸の海情報を見て頂いた方が楽しめる(?)かと思います。

爽やかに晴れ渡った午前中です。もうすっかり「春」!!富戸に続く海岸沿いの、あの「城ケ崎桜」はもう半分以上が葉桜になっています・・・
今日はちょっと遅れてきたお客さんと午後からダイブです。(おかげで、午前中はマリステの外壁のペンキ塗りができました!ちょっとキレイになったので今度見てみて下さい。)と、ここまでは「海情報」に載せてます。

ここからが、今日の本題です。ガイドが妙に気合が入ってしまうと、だいたいがダメになるよという失敗談(苦笑)です。

ここのところ、比較的深場でアンコウ出没率が高いようで、僕らもアンコウ目的で入ることにしました。ただ、あまり水深深くは行きたくないので、前回僕が見た水深-23mくらいを最大水深にしようと思っていました。

海情報にも書いてあるように、それなりの魚は見ているのですが、ガイド前半のメインにしようと思っていたクロホシイシモチの群れが、それほどメインにできるほど大群ではなくなっていたのです。(汗)

ここで、僕の気持ちに火が点いちゃいました!
「今日はじぇったい、アンコウ見てやる!!」

・・・この気合が今日の僕の失敗!(苦笑)・・・

砂地に出て、前回アンコウを目撃した場所へと急ぎます。もちろん、同じ場所にいるはずもなくイメージしていた予定のコースを変更し、水深30mにある魚礁へ。

そう、こんなに深く行く予定じゃなかったんですよ。(ダイビングの計画を途中で変えてはいけません×!ってマニュアルにも書いてありますよね!)

エイ、ホウボウなどはいるのですが、もちろんお目当てのアンコウの姿はありません。

さらに失敗を重ねるべく、僕にはさらに気合が入ってきました。
「あそこならいるかも!今日はじぇったい、アンコウ見てやる!!」

その-30m魚礁から、昨日目撃されたという場所までまた泳ぎはじめました。しかし・・・そんなに都合良く自然の生き物が動いてくれるわけもありません。

かなり泳ぎました。

富戸を知ってる人なら分かると思いますが、エントリーして直進から左の三つ岩に行って、そのまま沖の砂地の30m漁礁、そこから十字トサカ方面に行って一の根沿いに右側を帰ってくるという、2ダイブ分のコースです。

帰り際、僕の足は3回もつってしまいました。

今日のお客さんは常連さんで、午後からの1ダイブしかなく、しかも某団体のインストラクターだったので泳げるしという気持ちもありましたが、ダイビング前に立てたコースイメージや潜水計画を変えて、思い通りになったことなんて、まずありません。

そう、それと潜る前のブリーフィングで「今日はこれとこれを見せます!」なんて自信を持ってお客さんに説明したときにも、外すことって結構あります。

皆さんもお気をつけ下さいね、そんなガイドさん(爆)

そんな気負ったガイドさんに海を案内されたくないと思った人は今日も2回ポチッ!!「ポチッ!」 
と、お願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
業界人の方のようで、訪問ありがとうございます。

今日は富戸がクローズで八幡野に行ってきましたが、ダンゴウオとキビナゴの群れ以外は、ちと厳しかったです。 (^^ゞ

あそこは「奥が深い」です。

お暇な時、またお寄り下さい。ありがとうございます。
2006/03/23(木) 15:58:32 | URL | JIJI #2zMSGBfo[ 編集]
よくあります(^^;
楽しく読ませて頂いております。
私もよくあります…こういうこと…
自信があるときに限って、見れなくって深追いすること。。。
最近じゃ、どうしても見せたいものがあるときには、変に期待させないように言わないようにしていたりして… 
2006/03/23(木) 08:59:46 | URL | 匿名で…  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/20-acf75699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。