目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保温スーツ Vol.15 おしっこ対策
ドライを着たときのおしっこ対策について・・・・
解決策は2つと書きましたが、当たり前なことですが、まず一つ目は摂取する水分コントロール
そして二つ目は温度のコントロールになります。
摂取する水分ですが、人によっては前の晩からコントロールしている人もいます。
でも決して脱水症状になるような過激なコントロールではなく、あくまでも余分に取り過ぎないようにする程度のコントロールです。つまり大好きなビールをちょっと控えて翌日におしっこいっぱいにならないようにするくらいの・・加減です。

ご存知の方も多いと思いますが、ダイビングで脱水状態はとても危険=減圧症に罹患し易くなると言われています。
やってはいけないことですが、ダイビング前の晩にアルコールを一杯取ると、翌日は相当ひどい脱水状態になり、朝から水分をいっぱい取っても午前中は一度もおしっこに行かないくらいの事があります。

ドライを着ていても、二日酔いで潜ればおしっこに行かなくていいだろうなんて考えちゃダメですよ 脱水状態では、減圧症のリスクは何十倍にも膨れ上がるそうです。

なので、明日ドライで潜るとなったら、前の晩からちょっと水分控えめにするくらいにして普通の生活を送りましょうね で、当日はコーヒーなどカフェイン物は飲まないようにしましょう!!
ボクはコーヒーは一発でダメで、ロクハンの頃から潜る日にはコーヒーは潜り終わるまで飲みません。

ちなみに緑茶、ウーロン茶、紅茶もカフェインが入っているので利尿効果があるのでダイビングには不向きです。唯一「麦茶」はカフェインが入っていないので、ダイビング時の飲み物にはうってつけとのことです!(by ○×医科大学薬学部 ウッチー教授さん談) それ以来、うちのダイビングの時の飲み物は「麦茶」と決まってます

よく海外のリゾートに行くと、コーヒーをダイビングの間に勧められます。クルーズで一日に何本も潜るような時でもです。これって利尿効果→脱水→減圧症のリスク増となってしまうので、ボクは意識的に「水」をもらうようにしています。

話が逸れてきちゃいましたねぇ~ ドライスーツのおしっこ対策でしたね。大事なことは、減圧症のリスク増大に繋がらない程度のやや控え目な水分摂取にして、決して、二日酔いでの脱水症状で潜るなどという暴挙に出ないこと、そして当日はカフェイン物を控えて利尿作用を抑えるという水分摂取コントロールかな

今日も「ポチッ」っと  宜しくお願いします

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。