目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保温スーツ Vol.7 ドライデビュー!
新着ドライスーツ着用の朝、1ヶ月まえと同様に、ちょっと緊張しながら、「靴下よーし!」「ユニクロのヒートテック下着¥1,500よーし!」「パンツも普段のより厚手のパンツよーし!」とまるでドライ初心者です(笑)

インナーの上半身はユニクロのヒートテック長袖下着→ナイキヒートテックっぽいTシャツ半袖→やや起毛のトレーナーを着込みました。

下半身はシャカシャカパンツだけにしようと思ったのですが、ふっとハンガーを見ると、よさげなワコールの「タイツ」があったので、妻にナイショでこっそりと盗んで 穿いてしまいました。

よ~し、これで準備完了です!
次にウェイトの準備です。
今日はこっそりとドライを試しで着るのではなく、お客様の「ガイド」として海に入るので、自分のウェイトが足りなくて潜れないなんて事は許されません。

ボクの新着ドライスーツの生地の厚さは5mmです。うちのレンタルドライも含めて普通皆さんが着ているドライスーツの厚さは3.5mmくらいのものです。インナーにもよりますが、3.5mm厚のドライスーツですと8~9kgくらいをつけているお客様が多いですから、ざっくり目安として計算すると、(8kg~9kg)×5mm/3.5mm=11.5kg~13kg弱となります。

ガイドが沈めないという「恥」だけはかきたくないので、重いほうをとって13kg!! (腰に6kg、ウェイトベストに4kg、BCの左右のポケットにバラで1kgづつ、アンクルウェイトを0.5kgづつ)をつけていざエントリ~!!

BCのエアーを抜いて、肺の空気も抜いて、ドライの空気も抜いて・・・・潜降!!・・・・久々に緊張の潜降でしたが、さすがプロ(笑)
無事潜降でき、ガイドもでき、急浮上することもなく帰ってきました!

もちろん新品ですから、前回のような水没無く、しかも水中でも暖かい!

ちょっとちょっと、何でこんなにいい器材があるのを教えてくれなかったのよ!っていうくらい快適でした。
過去にドライスーツは2着持っていたのですが、そのどちらも今回のこの快適さとは全然違います!

さて、この後、今日まで3日間連続6ダイブをこの新着ドライスーツで潜っていますが、今感じているドライスーツのメリット、デメリットを次回から書いていきますね。

今日も「ポチッ」っと  宜しくお願いします

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。