目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガラパゴスで観光!(Vol.8)
昨日、今日とEFR、酸素プロバイダーの講習で部屋にこもってました。

アメリカ心臓学会(AHA)の2005年の改定が、消防関係やダイビング指導団体などから、ようやく一般市民・一般ダイバーにまで降りて来始めているのを感じます。

呼吸より循環(心臓マッサージ)を重視する内容(30回胸部圧迫/2回吹き込み)=一般の人がよりやり易い内容になってきていますが、僕らのように水辺(水面・水中)での事故に遭遇する可能性が高い場合には、やはり呼吸をもう少し重要視したほうが生存の可能性は高いような気がしてなりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで、ガラパゴスツアーの6日目は、たった3日間しか予約していないダイビングをキャンセルして、観光に切り替えてしまった我々ですが、ガラパゴス到着その日に案内してもらえるはずだった「ダーウィン研究所」に午前中は行き、またまたゾウガメウォッチングとガラパゴス上陸後の初イグアナ遭遇を果たしました。

gal13
この海イグアナはダーウィン研究所(入場無料!)の海辺を散歩しているときに、偶然見つけたやつです。ちょっとビックリしましたが、ガラパゴスでは「普通種」なんでしょうね?

午後からは町を散策し、お土産屋にも足を運んだり、昼飯時からビールを飲んだり・また、町にあるインターネット屋さんに、日本語の使えるPCがあるのが分かり、ちょびっといじったり(確かUS$2もあれば、小一時間使えます。)・・といかにも観光です。

また、ホテルでは手配できなかった翌日(ガラパゴス最終日!の「島上陸ディトリップツアー」($70/一人、ガイド・ランチ付き)にも申し込んでおきました。

翌日はやっぱり早起きで、06:30朝食、07:30にホテルでツアーバスのピックアップを待ちます。バスが来たのは予定より20分遅れで、ちとドキドキしましたが、無事に拾ってもらって、やっぱり北の桟橋に向かいます。通いなれた道です(笑)やっぱり1時間かかって、いつもの桟橋からボートに乗ります。

ボートはかっこいいクルーザータイプの船で、プラサ(PLAZA)島へ向かいます。この島は・・・・
gal15

・・・・どこかで見覚えのある「大岩」(写真中央)=そうです。ダイビング2日目の大物ポイント「ゴードンロック」のちょっと先にある島でした

でも今回はボートの足が速いので、1時間弱で到着です。上陸するといきなりアシカ天国です。
gal6


アシカの説明をガイドさんは英語とスペイン語で話していきます。次は陸イグアナ、そして、海イグアナ・・・・歩きながら植物の話もしてくれます。そして、鳥の話と・・・・英語の説明ですが、彼にとっても第2外国語としての英語なので、アメリカ人のしゃべる英語とは違い、多少は分かり安かったので助かりました。
gal14


プラサ島を出て、船を走らせながらランチを食べ、またまたビールを飲み、途中の静かな湾でスノーケリングタイムです。僕らはダイバーなのに、マスクの一つも持ってこなかったので、レンタルマスクを借りて(恥!!)スノーケリングを楽しみました。

世界各地の海でマーキングをしているボクは、やっとここでマーキングをする事ができて、ホッとしました。

今日も「ポチッ」っと  お願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/124-e5250a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。