目指せ!180日で脱ダイビング初心者!!
もっと気楽に楽しみながら上達しよう!そのために必要なスキルや器材、ショップや海や生き物との付き合い方などを綴っていきます、気張らずに♪♪(注:180日読むだけで上達を保証するものではありません^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の死滅回遊魚(東伊豆・富戸の海編)
今日は気分転換に久々に海情報です。

いくつかの台風を乗り越え、今どきの9~10月の伊豆の海は本当に最高のコンディションになります。水温は26℃くらいをピークに、10月末で22℃、透明度は常時15~20m、いい時には25mを超えます。
そんな中、8月くらいから「死滅回遊魚(季節来遊魚)」と呼ばれる魚達、ミツボシクロスズメダイ、ムレハタタテダイ、ヨスジフエダイ、モンツキハギ、カミソリウオ・・・・など南の魚達が、卵や遊泳力のない稚魚の状態で黒潮に乗って流されてきて、伊豆半島の海に続々漂着し始めます。

この頃は水温が高いので、伊豆半島でスクスクと成長し、やがて水温が下がってくると動きが鈍くなって、他の魚やアオリイカなどの肉食性の生き物に食われたりして、越冬する事が出来ない魚達のことです。

]アジアコショウダイ


今は毎日のように新着の死滅回遊魚たちがやってきます。この写真はアジアコショウダイの稚魚でしょうか 体長は1cmくらいでヒョロヒョロと同じ場所にいます。
パンダみたいないでたちでちょっと変わってますね!

詳しい人の話ではコロダイという近い種類の魚の稚魚の可能性もあるそうで、今後の成長を見守る必要がありそうです。

コロダイとなると死滅回遊魚ではなく、伊豆で産卵・繁殖する「地魚」になりますので、一般的には(!?)かなり価値が下がっちゃいます。

でも、この子が地魚のコロダイの稚魚だったとしても、ボクはこんな大きさのおチビさんを見た事がないので、ボクにとってはかなり高い価値のまんまです

明日はどんな新着の魚に逢えるかと、この時期は毎日楽しみです

と、今日は魚ネタでしたが、久々の応援の「ポチッ」を  お願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://msjiji.blog55.fc2.com/tb.php/103-f3c9d2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。